ヒナワチガイソウ

ナデシコ科 ワチガイソウ属


山地の草地に生える小さな多年草で、高さ8センチほど。葉は対生し、無柄で線形〜線状披針形。
花は上部の葉腋から細長い柄を出し、単性する。花弁は白色で、5裂し、直径6ミリほど。
(植物を観察して記載したが、情報は少ない)



〜徒然想〜

ヒゲネワチガイソウは八ヶ岳山麓でよく見られる直径1センチほどの白い花で、よく記憶している。それよりも小さいということで、草の間を丹念に探し回りました。
ようやく見つけた白い5弁花は、直径6ミリほどか、確かに小さい。姿は高山に咲くヒメイチゲに似ているが、さらに小さい。
肉眼では確認できないが、クローズアップレンズを通した花は葯をつけ、確かに八ヶ岳でみたワチガイソウの仲間の姿です。それを確認でき、なぜかほっとする。

2007.4.14 茨城県つくば市(画像にポインターをおいて下さい)
2007.4.14 茨城県つくば市
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery