ヒメタムラソウ

シソ科 アキギリ属

渓流の岩の上には、点々と花が終わった葉がロゼット状に広がっていた。まだ青々としていてなかなかきれい。ヒメタムラソウの葉ですと教えられ、どんな花なのか想いが馳せる。

渓流の奥に進むと、・・・・・・ありました! 残り花です。
苔生す岩の舞台に10センチほどの小さな白い花が咲いていた。確かにアキノタムラソウのように唇形花です。
渓流の光に白く輝いていた。

渓流沿いの岩上などに生える多年草で、高さ10〜20センチ。葉は長い葉柄があり、2回羽状複葉。
花は穂状花序に白色(ときに紫色を帯びる)の唇形花を多数つける。
奄美大島〜沖縄県に分布する。 
2007.3.18 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)
2007.3.18 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)
2007.3.18 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)
  
2007.3.18 沖縄県(本島)