ハシカンボク

ノボタン科 ハシカンボク属


低地〜山地の湿った林や沢沿いに生える常緑低木、1メートルほどになる。葉は対生し葉柄があり、薄いは身で、縁には細鋸歯がある。
花は淡紅色まれに白色で、径1.5センチほど。
園芸種としてもよく利用されている。


〜徒然想〜

森の入り口や奥深い森の沢沿いに咲いていました。一見して、関東でもよく見られるシュウカイドウを連想したが、黄色い葯の部分がない。
暗い森でもピンクの花はよく目立ち、なかなか綺麗。特に沢沿いではしっとりと濡れた花に斜光が射し、趣のある姿を見せてくれました。

2007.9.9 沖縄本島
2007.9.9 沖縄本島(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery