ウコンウツギ

スイカズラ科 タニウツギ属


亜高山帯〜高山帯に生え、高さ2メートルほどになる落葉低木。葉は長楕円形で対生し、柄はほとんどない。
花冠は長さ3.5〜4センチ、中部から先がふくれた筒形で、基部1センチほどは細い。先は5裂し、下側の3つの裂片は大きく、黄色〜橙色の斑点がある。
本州北部〜北海道に分布する。



〜徒然想〜

足下ばかりみて歩いていたが、ふと身を起こし振り返ると、この花とウラジロナナカマドの群生地でした。白と黄色のコントラスト、青い空と、奧には名も知らぬ北海道の峰々が連なっています。なかなか見られない風景に、またもや立ち止まることになってしまいました。
その様子を見た後続者も、顔を上げ振り返っています。やはり、初めて気付いたように感嘆の声をあげます。

タニウツギの仲間ですが、本土でよく見られるのは赤系の花です。北海道の高山では必ずと言っていいほど見られますが、黄色い花は、見るたびに新鮮な想いで見ることができます。

-同じ科の植物-

2007.7.9 北海道黒岳
   2007.7.9 北海道黒岳
 
 2010.7.5  北海道    2015.6.29  北海道
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery