オニノゲシ

キク科 ノゲシ属

2006.10 21 神奈川県三浦半島


ノゲシと比べるとあまりにもごつく荒々しい。秋も深まったこの時期だと葉の色も変色し、一層ごつく、恐ろしげでもある。オニの名にふさわしい。さすがにこの花を美しく撮ろうという気持ちにはなれませんでした。
しかし、人の気持ちは分からないもの。何かいいことがあって心穏やかなときは、美しく捉えようとするかもしれない。

ヨーロッパ原産の2年草で、各地の道端や荒れ地に広がっている。高さ0.5〜1メートル。葉は濃い緑で厚く、光沢があり、鋸歯の先には鋭い棘がある。基部は茎を抱く。
頭花は黄色、直径2センチほど。総苞は鐘状又は卵円形。
花期は、ふつう4〜7月だが、年中咲くことがある。

2006.10 21 神奈川県三浦半島