イズモコバイモ

ユリ科 バイモ属



山地の林縁に生える多年草で、高さ10〜20センチほどになる。カイコバイモに似て対生する2枚の葉と輪生する3枚の葉があり、先が広がった杯状鐘形の花を付ける。
花被片は白色で、赤紫色の筋がある。花期は3〜4月。


〜徒然想〜

効率よく朝から観察するには好ましいとはいえ、夜行バスに揺られて12時間はなかなかきついです。
それでも、着いてみれば疲れを忘れ、これから出逢える島根の花たちに胸が躍ります。

イズモコバイモは土地の方々によって手厚く保護されていました。道路脇の傾斜地は、まさに鈴なり。満開の花で埋まり、どう撮っていいか迷います。
保護地から離れた場所にも、点々と静かに花を垂れています。こちらは密やかに守られています。

初めての島根遠征にもかかわらず、すばらしい花たちに出逢えました。案内をしてくださったKさん、Tさん、駆けつけて下さった島根のNさん、広島のSさんに感謝申し上げます。こちらもうれしい出逢いでした。

−同じ科の植物−
     <日本のコバイモ8種類はこちら
2008.3.22 島根県(画像にポインターをおいて下さい)
2008.3.22  島根県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery