イトイ

イグサ科 イグサ属


深山〜亜高山帯の岩上に生える多年草で、茎は高さ5〜15センチ。茎葉が1個、根生葉は数個あり、糸状で茎より長い。
頭花は茎頂に1個付き、1〜4個の花からなる。花被片は白色で、雄しべが6個あり、花被片より長い。花期は6月。



〜徒然想〜

思い返せば出逢いは多いようだが、撮影することはなかった。
ヤツガタケキンポウゲを探して岩壁に突き当たった。壁にはコケやシダ、イトイなどがびっしりと並ぶ。上からは常に水が滴り、顔を濡らす。ちょっと期待ができる岩壁だったが、めぼしい植物は見つかりませんでした。
この日もヤツガタケキンポウゲは見つからなかった。

2007.8.12 長野県八ヶ岳(画像にポインターをおいて下さい)
2006.7.22 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery