イブキフウロ

フウロソウ科 フウロソウ属



本州中部地方の亜高山帯草原に生える多年草で、高さは30〜60センチ。葉は掌状に5深裂し、裂片はさらに3中裂する。
萼片に開出毛が多く、花弁の先が切れ込むのが特徴で、紅紫色、直径2.5センチほど。花期は7〜8月。
伊吹山にはエゾフウロもみられる。



〜徒然想〜

6月半ばに訪れたときと変わって、8月の伊吹山山頂は百花繚乱の状態で、シモツケソウの赤、メタカラコウの黄色を中心に色とりどりの花が乱れ咲いています。
6月には見られなかったイブキフウロは、遊歩道沿いでもよく見られます。

パンフレットを片手に花の名を確認しあう観光客の姿があり、イブキフウロの名が、あちこちで挙がっています。イブキフウロは花弁が切れ込むので、すぐ分かるのでしょう。花の名が分かり喜び合う姿をみるのも、うれしいものです。


−同じ科の植物−

2009.8.7 滋賀県伊吹山
2009.8.7 滋賀県伊吹山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery