エゾタカネスミレ

スミレ科 キバナノコマノツメ類


北海道の高山に分布するタカネスミレの亜種で、葉は無毛で光沢が無い。
花は側弁も唇弁も幅広く、唇弁の先はほぼ円形で、花柱の上部には突起毛が無い。
大雪山系、夕張山地、日高山地、羊蹄山に分布する。花期は6〜8月。



〜徒然想〜

各所で群落がみられました。すべてが、すばらしい美しさです。
御鉢平の間宮岳周辺では、登山道まではみ出で、道を狭めるほどの大群落です。天気が良すぎて、その様子を撮り切れなかったのは残念でした。
大雪の山を背景に写真を撮りながら、すみれ好きの沖縄の方々を思い浮かべました。ほんとにすみれが好きな方々です。
沖縄のすみれの多くは大きな株を作りません。目の前は黄色のミヤマキンバイ、白いエゾノハクサンイチゲ、紫のエゾオヤマノエンドウを交えながら、みごとな株のエゾタカネスミレが一面に広がり、大雪の山に続きます。
こんな風景を沖縄の方々がみたら、どんな反応を示すでしょうか。歓声が聞こえるようです。

2007.7.10 北海道大雪(画像にポインターをおいて下さい)
2007.7.10 北海道大雪
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery