エゾノマルバシモツケ

バラ科 シモツケ属



マルバシモツケの変種で、全体に小型で、葉が幅広く表面の葉脈の部分がへこんでいるのが特徴。花の数も少ない。



〜徒然想〜

樹林帯を抜け尾根道に出てからこの花との出逢いが多くなった。当初はマルバシモツケの小型のものかと思い、撮影を見逃していたが、次第に明らかに違うものが出てくるようになった。
再び撮り始めたのは山散歩の終盤でした。
高山帯の礫地に、5、60センチほどのドーム状の株を作っているのもあります。
花序は樹林帯に生えるマルバシモツケよりもずっと小さく、直径2センチほどの丸い形。赤く色づいているのもあります。



緑の葉はヒメタケシマラン
2007.7.11 北海道大雪
2007.7.11 北海道大雪
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery