アレチハナガサ

クマツヅラ科 クマツヅラ属



南アメリカ原産の多年草で、関東地方以西の荒れ地や河川敷などに帰化している。茎はよく分枝し、高さ1.5メートルほどになる。葉は対生し、無柄で広線形、下部の葉は狭楕円形。
茎の先で盛んに分岐し長さ2〜3センチほどの穂状花穂に多数の花を付ける。花冠は淡青紫色で、5裂し、直径3ミリほど。花期は6〜9月。



〜徒然想〜

今日も出そびれて、近くの多摩川散歩です。
いつものように土手の遊歩道には人があふれ、思い思いの姿で休日を楽しんでいます。二人並んで談笑しながら歩く人、イヤホンを垂らしながら腕を振り歩く人、周りの景色を眺めながらゆっくり自転車をこぐ人〜私、ときおりヘルメットを被った軽快車がすり抜けます〜あぶないよ!

河岸の草むらには少し季節外れのアレチハナガサが咲いていました。三脚を面倒くさがると、ピンボケの量産〜ごらんのような結果です。

2008.10.13 東京都狛江市
2008.10.13 東京都狛江市
2008.10.13 東京都狛江市