アオガンピ

ジンチョウゲ科 アオガンピ属


奄美大島以南に分布し、別名オキナワガンピ。
海岸近くに生える常緑低木で、よく分枝して高さは50〜130センチになる。葉は倒卵形で、やや肉厚、葉の表面が白っぽく見える。
花は黄緑色で、枝先の穂状花序に付ける。赤い丸い実を付ける。有毒植物。



〜徒然想〜

モクジャコウの観察地で沖縄の方が見つけてくれました。目の前は海に落ち込む崖で、ちょっと怖い。身を引きながらの撮影でしたが、何とかゲット。
花の形は細長い筒状で、淡い黄色が何とも優しげです。
撮り終えてふっと一息。青い海を見たとたんに、箱根で撮ったコガンピを思い出しました。こちらも海を見下ろす高台に咲いていました。

2007.12.22 沖縄県本島
2007.12.22 沖縄県本島
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery