トヨコロスミレ

スミレ科 ミヤマスミレ類



シロスミレの純白品種で、唇弁の紫条も見られない。海岸近くの湿地などに生える多年草で、高さは8センチほど。
花の直径は2センチほど。側弁は普通有毛で、距は短く白色。花期は5月下旬〜6月中旬。北海道に分布する。



〜徒然想〜

”トヨコロスミレ” 初めて聞く名です。 
1993年6月に道東の湿原で発見され、1996年に北大教授により新種として論文発表されたスミレです。

目的の地にたどり着くと、点々とこのスミレが風に揺れていました。シロスミレに見られる唇弁の紫条がなく、距も白色で、純白です。葉はシロスミレと同じです。
今年の北海道花旅でチェックしていた植物の一つで、遥々訪ねてきただけに、出逢いの喜びはひとしおです。ほっと胸をなでおろします。
緑の草むらの中にひっそりと咲くまっ白い花、風にちらちら揺れるまっ白い花、いずれも清楚で、すばらしい風情です。

-同じ科の植物-

2016.6.6 北海道
 2016.6.6 北海道   2016.6.6 北海道  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery