タカハシテンナンショウ

サトイモ科 テンナンショウ属



山地の林下などに生える多年草で、高さは30〜60センチ。葉は2個あり、小葉は鳥足状に5〜7枚付く。小葉は狭楕円形〜楕円形で、花後倒卵形になる。
仏炎苞は紫色で、筒部から舷部の下部まで多数の白条がある。舷部は筒部より短い。口辺部はあまり開出しない。 付属体は棒状。花期は4〜5月。岡山県、広島県に分布する。



〜徒然想〜

和名のタカハシは、岡山県の高梁に由来します。
広島県のこの地にも本種が見られることをネットで知り、遊歩道を探索しました。
最初にみつけたのは開花していない個体で、やはりまだ早かったかと、がっかりです。しかし、歩を進めると、わずかな数ですが、仏炎苞が開いている個体が見られるようになってきました。ほっとする時に変わりました。

さすがに葉が展開する個体はみることが出来ませんでしたが、仏炎苞の白条がはっきりしている特徴から、本種に間違いないでしょう。

−同じ科の植物−

2012.4.15 広島県(画像にポインターをおいてください)
 2012.4.15 広島県(画像にポインターをおいてください)    2012.4.15 広島県(画像にポインターをおいてください)
   2012.4.15 広島県