シロイヌノヒゲ

ホシクサ科 ホシクサ属



湿地に生える1年草で、長さ40センチほどにもなる花茎を多数出し、先に頭花を一つ付ける。葉は線形で、根本から放射状に出す。
頭花は直径1センチほどで、雄花と雌花が混生する。総苞片は10数枚ある。花弁、萼、苞に白色の棍棒状の毛が密生しており、花全体が白く見える。花期は8〜9月。本州、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

湿原は白い小さな花に覆われていました。シラタマホシクサに似た白い点の連続です。
見れば、白い花は星形です。過去にシラタマホシクサを「天の川」にたとえましたが、まさにこちらは星〜満天の星です。

雨の中、湿原を散策します。様々な植物が見られるのですが、台風の余波の雨でよく揺れます。じっくり観察できないままに歩を進めざるを得ませんでしたが、この星は各所でよく見られました。


−同じ科の植物−
2012.9.29 宮崎県
2012.9.29 宮崎県 2012.9.29 宮崎県
 2012.9.29 宮崎県    2012.9.29 宮崎県