ミヤマトウキ

セリ科 シシウド属



低山〜亜高山帯の岩上や草地などに生える多年草で、高さは20〜50センチ。トウキの高山型で、トウキより葉の幅が広い。葉は2回3出複葉で、表面に光沢がある。葉柄は鞘状に膨らみ基部は茎を抱く。
枝の先の複散形花序に多数の花を付ける。花は白色で5弁、直径3ミリほど。総芭片葉は普通0〜1個、小総芭片は数個ある。花期は7〜8月。本州滋賀県以北〜北海道に分布する。



〜徒然想〜

セリ科の見分けは難しく、未だに未同定種としてお蔵入りになっている画像が多くあります。しかし、セリ科の植物に接する機会が増えると、徐々にでも分かるようになってきます。
本種は、比較的背丈が低く(50センチほど)、光沢のある葉を持つので、比較的見分けがし易いかもしれません。
八方尾根など、よく知られた花の観察地での報告があることも、同定の手助けになります。

北海道では、海岸の岩場に生えていました。本州では亜高山に生える植物が海岸に生えるとは〜さすがに北の地です。

−同じ科の植物−

2011.7.18 長野県八方尾根
 2011.7.18 長野県八方尾根    2011.7.18 長野県八方尾根
  
   2011.7.18 長野県八方尾根(画像にポインターをおいてください)  
 2012.7.22 北海道    2012.7.22 北海道
もっとこの花を見る → Ptoto Gallery