ミヤマタニワタシ

マメ科 ソラマメ属

 
 2016.9.25 東京都高尾山(画像にポインターをおいてください)


山地の林下などに生える多年草で、高さは30〜70センチ。茎は、節ごとにジグザグに曲がる。葉は2枚ずつ付く小葉からなり、小葉は狭卵形〜卵形で、先端は尖り、全体にシワがある。
花は葉腋から短い柄を出し、総状花序に5〜10個付く。花は青紫色〜赤紫色で長さ1.2〜1.7ミリ。苞は狭卵形で、花後も残る。花期は6〜9月。本州(栃木県〜愛知県)に分布する。


〜徒然想〜

以前、この花をナンテンハギに混在して載せてしまい、読者より指摘されて削除した経緯があります。以来、宿題となっていました。とはいえ、なかなかこの花のみを探しに行くことができず、先送りにしていました。
ツルギキョウを探しに行く機会があり、合わせてこの花もあるはずと、コース取りをしてみました。無事ツルギキョウをみつけ、次は本種の環境を探します。登山道近くの足元で見られるはずです。
尾根道に出ると、比較的直ぐにこの花をみつけることができました。マメ科の花とジグザグに曲がった茎が目安ですから、探すのは難しくありません。
”あった!” ・・・と、痛、痛、痛! 屈んだ途端に腰に痛みが・・・。通りがかった方が気遣ってくれましたが、大丈夫でした。痛みはすぐに消えてくれました。

−同じ科の植物−

  
 2016.9.25 東京都高尾山   2016.9.25 東京都高尾山  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery