ミミバフサアサガオ

ヒルガオ科 コガネヒルガオ属



熱帯アジア原産の帰化植物。道端、林縁などに生えるつる性の多年草で、長さ10メートル以上になる。葉は対生し、卵状楕円形〜広卵形、先は尖り、両面に白色の毛がある。
花は花茎の先の複散形花序に多数付け、直径2センチほどで橙黄色。花期は12〜2月。沖縄県に分布する。



〜徒然想〜

コチョウインゲンの傍らには、この花も木に絡みついていました。聞きなれない名で、調べてみると帰化植物でした。
アサガオのようにラッパ型に広がるのですが、この日は昼時で天気もいいのに花は開いていませんでした。まだ花期には早かったのでしょうか。
黄色いアサガオは多くはないので、大きく開いた花を見たかったですね。


-同じ科の植物-

2016.1.14 沖縄県
 2015.12.20 沖縄県    2016.1.14 沖縄県