マツノハマンネングサ

ベンケイソウ科 マンネングサ属

 
2014.8.14 東京都奥多摩   2014.8.14 東京都奥多摩

山地の落葉広葉樹の樹幹などに着生する多年草で、高さは5〜10センチ。葉は互生し、線形で、肉質でやや扁平。
花は枝の先の集散状花序に10〜20個付け濃黄色。花弁は4枚で3〜4ミリ。花期は7〜8月。本州関東、中部地方に分布する。


〜徒然想〜

この花を最初にみつけたのは2011年で、登山道脇の倒木に10株以上着いていました。しかし、花はほとんど終わっていました。
翌年、わくわくしながら登ってきましたが、今度はやや早く、がっかりしたものです。
そして次の年2013年は、花芽を付けた株は一つもなく、株自体も数を半減していました。そして4年目、さらに株を減らし花を付ける様子は全く見られません。やはり、倒木では育たず、衰退していくようです。

この倒木は、もう花を咲かせないでしょう。諦めて付近の頭上を丁寧に探し、みつけたことはみつけたのですが、あまりにも高く、きれいな画像は残せませんでした。
でも、いくつか情報を得ています。2015年は、アップの画像や、もう少しきれいな画像が残せる・・・・・・、はずです。

2015年は、予定通り2ヵ所の産地を訪れることができました。1ヶ所は倒木にも生え接写できましたが、盛期にはやや早かったようです。

-同じ科の植物-

     
  
 2011.8.28 東京都奥多摩    2012.8.7 東京都奥多摩
2015.8.1 山梨県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery