コクラン

ラン科 クモキリソウ属



山地の林下などに生える多年草で、高さは15〜30センチ。葉は2〜3枚根元に付き、広楕円形。
花は総状に5〜10個付く。暗紫紅色で、側花弁は細くて反り返り、唇弁は反曲し基部に淡緑色の葯帽がある。花期は6〜7月。茨城県以南〜九州に分布する。


〜徒然想〜

各所で花後に遭遇することが多いため、わざわざこの花を目的に出かけることはありませんでした。
でも、今回は違います。以前この花を見た記憶を頼りに、山に入ります。
でもでも、山頂まで1時間余りの低山ですが、一回りしてもみつかりませんでした。みつけられると信じて疑わなかったのに・・・、気落ちして下山します。

すると、一つの花が・・・。コクランです。
何ということはありません。登山口から5分ほどの所です。往路では、あまりにも近いので見逃していたのです。
想像していた通り、花はユウコクランササバランとよく似ています。花を見ただけでは区別がつきません。

この花は、各所で見られるはずです。雰囲気のいい岩壁や群生する姿です。次の出逢いを期待しましょう。

−同じ科の植物−

2017.7.8 千葉県
 2017.7.8 千葉県    2017.7.8 千葉県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery