ホザキナナカマド

バラ科 ホザキナナカマド属

   
2012.7.23 北海道   2012.7.23 北海道

山地の林縁などに生える落葉低木で、高さは2〜3メートルになる。葉は互生し奇数羽状複葉、小葉は6〜11対あり、披針形で葉先は尾状に鋭く尖り、葉縁には鋭い重鋸歯がある。
花は枝先の円錐花序に多数付け、白色の5弁花で、多数の雄しべが花弁より長く突き出る。果実は円柱形の袋果で、赤褐色に熟し種子を放出する。花期は7〜8月。


〜徒然想〜

車をゆっくり走らせていると白い花が目に入りました。さっそく車を停めて撮影です。
北海道の道ではこんなことはしばしばです。実に楽しいドライブで、すべてが花園のような想いです。
一見オニシモツケのようにも思えましたが、葉が違います。調べると、ホザキナナカマドのようです。似た植物にニワナナカマドがあり、こちらは雄しべの長さが花弁と同じか短いので本種と区別できます。

−同じ科の植物−


   2012.7.23 北海道