オニシモツケ

バラ科 シモツケソウ属

山地〜亜高山帯のやや湿った所に生える多年草で、高さは1〜2メートル。葉は互生し、奇数羽状複葉。円形〜扁円形で掌状に大きく切れ込む。
花は茎の先に散房状に白い小さな花が多数付く。花弁と蕚片は5枚。多数の雄しべは花弁から突き出る。花期は7〜8月。北海道〜本州中北部に分布する。


〜徒然想〜

確かに葉には剛毛といえるくらいの毛が生えているが、オニの名を付けるのがかわいそうなくらい、その花は美しいと思う。
車山散策の前半が終わり、ほっと一時。せせらぎをBGMにしばし見とれました。

北海道では、道端にいくらでもこの花が咲いていました。高さは2メートルほどにもなり、本州の山地のものとは違う風情です。北海道らしい美しさがありました。

−同じ科の植物−
2003.7.27 長野県車山
 2012.7.23 北海道    2012.7.25 北海道
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery