ホシザキイナモリソウ

アカネ科 イナモリソウ属



イナモリソウの変種で、花弁の幅が狭く裂片の縁が平開しないものをいう。花弁はふつう5枚で、時に6〜7枚のものも見られる。


〜徒然想〜 

この日は、ホシザキイナモリソウとフイリイナモリソウを探しに高尾山を歩くことにしました。

先ずは、ホシザキ探しです。かつてイナモリソウを見たいくつかの場所を巡る予定です。
でも、何ということはありません。最初の目的地に着く前にホシザキをみつけてしまいました。
そうなれば、更に山頂方面に向かう必要はありません。Uターンして、フイリイナモリソウが見られたという別の山域に向かいます。

かつてはスミレ林道と呼んでいた場所ですが、今ではその面影はなくなっています。葉もほとんど見られず、嘆きながら進みます。フイリイナモリソウは残っているだろうか・・・。
不安はあたり、イナモリソウは多く見られるものの、フイリは見ることは出来ませんでした。

今日の高尾山は、1勝1敗でした。

−同じ科の植物−

2017.6.3 東京都高尾山
 2017.6.3 東京都高尾山    2017.6.3 東京都高尾山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery