ヒゲコスミレ

スミレ科 ミヤマスミレ類



〜徒然想〜 

コスミレの1品種で、側弁の基部に毛があるものをヒゲコスミレと呼び、区別しています。基部の毛以外は、コスミレと相違がありません。

その名を知ったのは数年前で、その後マイフィールドの高尾山でも注意しながら探していましたが、みつかりませんでした。
それもそのはずで、毛といっても、エイザンスミレに見られるような肉眼で確認できるような毛でなく、わずかな毛です。ルーペで覗き込まないと確認できないかもしれません。
群馬県で最初に毛はわずかであることを知り、数日後、高尾山でも1花1花をルーペで覗き込み、この地でも見られることを知りました。
たかが毛の有無ですが、高尾山でみつけたときは、喜びはひとしおでした。


−同じ科の植物−

2016.3.30 群馬県(画像にポインターをおいてください)
2016.3.31 東京都高尾山    2016.3.31 東京都高尾山 
 2016.3.31 東京都高尾山   2016.3.31 東京都高尾山