ハコネウツギ

スイカズラ科 タニウツギ属



沿海地の海岸林などに生える落葉小高木で、下部からよく分枝して高さは5メートルほどになる。葉は対生し、楕円形〜広卵形、先は鋭く尖り、縁には細かい鋸歯がある。
枝先や葉腋に2〜3個ずつの花を付け、花ははじめ白色で、次第に紅色に変化する。花冠は漏斗状で、長さ3〜4センチ、先は5裂する。花筒は上部で急に広がる。花期は5〜6月。北海道南部、本州、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

富士山麓で撮影しましたが、図鑑では生育地は沿海地の海岸林となっていました。潮風に強いことから、各地の沿海地に植えられ、本来の自生地が分からなくなっているといいます。
富士山麓が沿海地といえるか疑問のあるところですが、分布が広い植物のようなので、出逢いの機会を待って生育環境を知りたいと思います。

ニシキウツギとの違いに苦慮しました。ハコネウツギの方が、花筒の上半部が急に鐘状に広がります。


−同じ科の植物−

2009.6.28 静岡県富士宮市
 2009.6.28 静岡県富士宮市    2009.6.28 静岡県富士宮市
  2009.6.28 静岡県富士宮市