アツバスミレ

スミレ科 ミヤマスミレ類



スミレの海岸型の変種で、日本海側に生えるアナマスミレに対し、太平洋側に分布する。
海岸周辺の草地などに生える多年草で、草丈5〜15センチ。葉が厚く、表面に光沢がある。葉は楕円状卵形〜卵形で、細長いものから丸みのあるものがある。
花は紅紫色で、濃淡がある。花期は3〜4月。本州関東南部〜九州の太平洋側に分布する。



〜徒然想〜

この春見たいと思っていた花の一つで、4月に伊豆半島で探したが見つかりませんでした。

淡い期待をもって島に渡りますが、すでに5月も8日で、あきらめ気分です。それだけに、みつけたときはうれしかった。
標高が高いこの場所では、コケリンドウと共に咲き残っていてくれました。ここに流れる風は爽やかですが、下界はすでに夏の陽射しです。


−同じ科の植物−

2010.5.8 東京都(画像にポインターをおいてください)
2010.5.8 東京都
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery