アポイツメクサ

ナデシコ科 ノミノツヅリ属

 
2012.7.22 北海道アポイ岳   2012.7.22 北海道アポイ岳


高山帯の蛇紋岩地に稀産する多年草で、高さは3〜10センチ。カトウハコベの変種で、葉は細く線状披針形。茎は下部からよく枝分かれし、葉は対生。
花は茎の先に1〜3個、白い5弁花を咲かせる。花期は7〜8月。北海道アポイ岳、夕張山系に分布する。


〜徒然想〜

アポイ岳の固有種ということで、道々楽しみに探しましたが、みつかりませんでした。
ようやくみつけたのはアポイ岳山散歩も終盤で、1ヶ所のみで見ることができました。やはり、情報のとおり数を減らしているようです。

ネット情報によれば、アポイ岳の固有種とも、アポイ岳と夕張山系に分布するともあり混乱しましたが、アポイ岳と夕張山系に分布するのが正解のようです。
ネット情報を判断するのは難しいです。

−同じ科の植物−

   2012.7.22 北海道アポイ岳  
     
   2012.7.22 北海道アポイ岳