アメリカイヌホオズキ

ナス科 ナス属



北アメリカ原産の帰化植物。全国の路傍などに普通に生える1年草。高さは40〜80センチ。茎は細く、よく分枝し横に広がる。葉は互生し、卵形〜長卵形、縁は全縁又は2〜4個の大型の歯牙がある。
花冠は淡紫色〜白色で、直径5〜7ミリ。果実は球形で、直径5ミリほど、光沢のある黒色に熟す。花期は7〜9月。



〜徒然想〜

同定が難しい仲間です。
イヌホオズキに比べると、葉質が薄くやや幅が狭いこと、花が散形の花序に付くこと、果実がやや小さく光沢があることなどが挙げられます。
他の仲間のデータと見比べ、最終的に本種としましたが、確信はありません。ネット等で比較されている項がありますので、参考にされることをお勧めします。
いずれ詳細に見比べたいと思いますが、帰化種と思うと・・・、後回しになってしまいます。


-同じ科の植物-

2015.3.5 沖縄県
2015.3.5 沖縄県 2015.3.5 沖縄県
   2015.3.5 沖縄県