チョウノスケソウ

バラ科

別名ミヤマグルマ、ミヤマチングルマ
落葉矮生低木(矮生とは、植物で節間伸長が抑えら、草丈が低いことをいいます。)。小判型の特徴ある葉で、すぐチョウノスケソウと分かります。

白い花が終わって、グリッとねじった穂を付けるのが面白い。やがてネジリがほどけ、大きく穂を広げる。
横岳のあの場所では、阿弥陀岳を背にこの花の絶好の撮影ポイントがある。しかし、縁なく、いつも花の時期を失する。

2006年7月はやや遅いが、いい時期の訪問になった。同じポイントで撮影するが、さて出来映えは?
2006.7.7 長野県八ヶ岳
2005.8.8 長野県八ヶ岳 (山は阿弥陀岳)
2007.7.7 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery