ナツトウダイ トウダイグサ科
裏高尾の山筋をゆっくり散策する。少し脇に入る道を見つけ探検してみたら面白い形をした草が見えた。大きめの葉の上に小さな舟形の葉に覆われた星形が見える。2週後、舟形の葉は開き、真ん中にトゲ状の王冠のような形が見える。
春に咲くのにナツトウダイ。トゲ状の王冠は4つの三日月形の腺体が輪を作ったもの。その中心に球形の雌しべをつける。これが花。では、雄しべはどこにあるのだろうか。不思議な姿の植物だ。

そういえば、この花には丹沢の帰り道にも出逢っている。丹沢ではハルリンドウやコイワザクラに出逢ったときは青空、頂上では何と雪、下り道では雷が鳴り出して、その最中この花を撮った。そしてバス停まではどしゃ降りと、散々な日であった。写真は・・・もちろん全部ピンボケでした。
2006.4.2 東京都裏高尾
2006.4.16 東京都裏高尾
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery