ミヤマヒゴタイ

キク科

タカネヒゴタイと区別できないとの見解もあるようだが、素人目には出逢う場所や背の高さから違う種であるように思える。
八ヶ岳では、タカネヒゴタイは尾根に咲き、ミヤマヒゴタイは尾根に出る前の登山道脇に咲いているもの、と思いこんでいる。
解説書には、タカネヒゴタイよりも背が高く10〜60センチ、頭花は2〜7個、亜高山〜高山帯の林縁、開けた草地、礫地にはえるとある。納得する。
2005.8.27 山梨県北岳
2005.8.8 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery