カントウミヤマカタバミ

カタバミ科 カタバミ属



高尾の山の中で1人の若者がうずくまっていました。具合が悪いのかと思いましたが、近付くと三脚が見え、写真を撮っていると分かり、ホッとしました。近くにはもう1人若い女性が同じ姿勢で花を撮っていました。撮っている花はカントウミヤマカタバミでした。
登山道の両側には多くの白い花が見られましたが、皆花を閉じていました。まだ2時過ぎだが、高い木に陽射しを遮られて、道は暗くなっていました。いま思っても、あの二人は開いた花を撮れたのだろうか。

裏高尾でも多くは花が閉じ、うな垂れていた。その中で2つ3つと開いているのを見つけ、チャンスとばかりに夢中で撮影しました。
この花は日中でも閉じていることが多く、花開いていたらラッキー!直ぐに撮りましょう。
コミヤマカタバミは亜高山に咲き、葉の角が丸みを持ちます。

2006.4.2 東京都裏高尾
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery