コケモモ

ツツジ科 ツルコケモモ属



亜高山帯〜高山帯の礫地や林縁などに生える常緑小低木で、高さは5〜20センチ。枝は良く分枝しマット状に広がる。葉は互生し、楕円形〜倒状楕円形、革質、深緑色で光沢がある。
花は枝先に3〜8個下向きに咲き、鐘形で先は4浅裂し、白色〜淡紅色。果実は赤く熟し、食べられる。花期は6〜8月。北海道、本州、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

花よりも実の方が知られているかもしれません。
コケモモの完熟した実は甘酸っぱく、果実酒、ジュースにして飲用されます。
ピラタスゴンドラリフトの降り口では、コケモモジュースが売られ、癖のないさっぱりとした味でした。疲労回復に良いそうです。
ほかにも、ジャム、羊かんなどにして食用されます。
でも、山で採ることはいけません。

−同じ科の植物−

2004.7.10 長野県八ヶ岳
   2003.8.23 長野県硫黄岳  
   2009.6.28  山梨県富士山  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery