コガネバナ シソ科
根は生薬名黄岑(おうごん)といい、単独では用いずに漢方処方に配合されて用いられる。
三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)は、黄岑(おうごん)、黄連(おうれん)、大黄(だいおう)という3つの「おう」の付く生薬が配合されているので、三黄(さんおう)の名がある。比較的体力がある方で、のぼせや、肩こり、耳鳴り、鼻血、不眠、不安などに用いて血圧を下げる。
2005.9.11 東京都薬用植物園
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery