イチハツ アヤメ科
植物園の一角に、ひときわ目立つ紫色の一群があった。アヤメかと思ったら、イチハツとある。初めて見る花で、どこがアヤメと違うの、というのが第一印象だった。
並べてみると分かりました(アヤメの項参照)。
花弁の中央部に、トサカ状の突起があるのが特徴。左の写真で確認してください。
花弁の濃い紫色の紋や葉が幅広なところも、他のアヤメ科との見分けの指標となります。
イチハツの名は、アヤメ科で一番早く開花することから来ているようですが、果たして一番かは確認していません。
中国での生薬名「鳶屋根」、「鳶頭」があるようだが、日本ではあまり聞かない。
2005.5.8 東京都薬用植物園
もっとこの花を見る → Ptoto Gallery