ヤブミョウガラン

ラン科 シュスラン属



沖縄島北部の限られた石灰岩地の林床に生え、個体数が極めて少ない絶滅危惧種。
草丈は50〜70センチになり、葉は4〜6葉を互生し、広披針形で長さ20センチほど。
総状花序は頂生し、多数の花をつけ、数個ずつ順次咲かせる。花は赤褐色、唇弁は淡黄褐色で先端は白色、卵形で、先は尖り下方に反り返る。花期は4月。



〜徒然想〜

暗い森に入り込みます。いかにもハブが居そうな湿った森です。足元にはそれらしい隙間も多くあり、身を引きながら、目的の花を探します。

10数人で見つけたヤブミョウガランの開花株は、ようやく3株。貴重な花との出逢いに、感動です。
急に騒がしくなった森に、ハブもびっくりしてしばらくは身を潜めていることでしょう。その間にゆっくりと撮影です。
思い思いに撮影に取り組み、撮影を終えた後に談笑する仲間の姿を眺めながら、ほっと一息〜こちらもうれしくなりました。

2008.4.13 沖縄県本島(画像にポインターをおいて下さい)
2008.4.13 沖縄県本島
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery