タツノツメガヤ

イネ科 オヒシバ属

熱帯アジア原産の一年草で、高さ10〜30センチ。葉は狭披針形で、長さ3〜7センチ。茎頂に花序の枝が3〜4個開出して付き、先端は短い突起として突き出す。小穂は長さ約2ミリで、枝の下側に2列に並ぶ。
沖縄や小笠原ではごく普通にみられるが、本州にも帰化の報告がある。



〜徒然想〜

道端で、穂の先が4つに分かれた珍しい形のイネ科をみつけて、会話が始まった。
名前が分からず、ただただ不可思議な姿に感嘆するだけだったところに、A青年が会話に加わる。
タカノツメガヤと言います。
みんな揃ってメモ帳です。青年は、沖縄海洋博物館植物課勤務でした。
2007.9.9 沖縄本島(画像にポインターをおいて下さい)
2007.9.9 沖縄本島