タイワンハチジョウナ

キク科 ノゲシ属



ヨーロッパ原産の多年草で、沖縄、与那国島、本州中部に帰化が報告されている。茎は直立し、高さ1.5メートルほどになる。葉は長楕円形で、通常は羽状に浅〜深裂する。
茎頂にすべて舌状花からなる黄色い頭花を付ける。



〜徒然想〜

ふつうの車道脇に生えていました。高さは7,80センチほどだったでしょうか。やけに細くひょろ長い感じですが、そのわりにはしっかりと立ち上がっていたのが印象的に残っています。
沖縄でみられる植物は皆本土とは違うので撮っておいて下さい、とのKさんの教えで撮っておいたものですが、ずっと名前が分かりませんでした。
宮本さんのHP「野生植物写真館」をみていてこの植物を見つけたときは、うれしくなりました。そして、感謝です。

2007.3.17 沖縄県本島
2007.3.17 沖縄県本島