シナノナデシコ

ナデシコ科 ナデシコ属



山地の川に近い岩場などに生える2年草〜多年草で、高さは20〜45センチ。葉は線状披針形で、先は鋭く、縁に突起状の毛がある。
花は茎頂に密に付け、紅紫色で、直径1〜2センチ。苞は2対あり、尾状に長く伸びる。花期は7〜8月。本州中部地方に分布する。



〜徒然想〜

この花もしばらく探していた花で、見つけたときはすぐに分かりました。
下山してからの温泉は楽しみの一つで、この日もちょっと寄り道をすることにしました。温泉宿は、山村からさらに奧に入った地にあり、さながら、山奥の一軒宿です。
駐車場に入って、びっくりです。正面の10メートルほどの岩壁に、赤い花が点々と付いています。探すと、足下にも見られます。
この日の登山ではあまり収穫がなかったので、うれしさ倍増です。撮影は後の楽しみにして、露天風呂に向かいます。


−同じ科の植物−

2009.7.19 山梨県
2009.7.19 山梨県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery