シコクテンナンショウ

サトイモ科 テンナンショウ属



基本種のオモゴウテンナンショウに比べて全体に大型で、仏炎苞は濃紫色ときに帯紫色、まれに基本種と同じ緑白色。
付属体は棍棒状。舷部は垂れ下がる。



〜徒然想〜

カンアオイ類の熱狂的なファンがいるように、テンナンショウの仲間のファンもいるようです。まだまだ、その良さが分からない初心者ですが、時に美しいと思うことがあります。
シコクテンナンショウもその一つで、まだらの茎と仏炎苞が面白いと思いました。
山側の傾斜地にあり、限られた方向からの撮影になりました。が、四国の山中に生えるテンナンショウとの出逢いに感謝です。
当初は、オモゴウテンナンショウと思いましたが、仏炎苞の色が違いました。オモゴウにも出逢いたかったですね。欲張りです。


2008.5.8  愛媛県(画像にポインターをおいて下さい)
2008.5.8  愛媛県 2008.5.8  愛媛県