サクラスミレ 

スミレ科 ミヤマスミレ類

2005.5.28 長野県八ヶ岳


山地の草原に生える大型のすみれ。花弁の先が桜の花びらのように凹むのでこの名があるようだが、実際に凹んだものは少ない。
花は直径2.5センチほどで淡紅紫色〜紫紅色。側弁の基部に毛が密生し、花弁の基部が閉じ気味に開くので花柱がほとんど見えない。距は大きくやや長く扁平。
葉は三角状長卵形で鈍頭、鈍い鋸歯があり、基部は心形。葉柄や花柄には粗い毛が目立つ。
葉柄や花柄に毛がないか、ほとんどないものをケナシサクラスミレという。


〜徒然想〜

図鑑「日本のスミレ」でスミレの女王の名にひかれ、八ヶ岳での出逢いを楽しみにしていた。
出逢いは全くの偶然でした。あてもない草原の花散歩で、ふと記憶にある大きめの葉と色鮮やかな花が目にとまった。これはサクラスミレに違いないと思いながらも、確信はなかった。ただただ、丸い大きめの花にみとれただけでした。
撮り貯めたすみれを整理していて、小仏峠の山散歩でもサクラスミレに出逢っていることが分かった。当時はすみれの知識がなく、名を意識しないで撮影している。保存されたデジカメの撮影データから、場所は予測できる。今度は、しっかりと特徴を撮り込むことにしよう。

2007年の信州スミレ観察会では、葉柄や花柄に如何に毛が多いか知りました。裏高尾や八ヶ岳で撮った花はケナシサクラスミレかもしれません。


2005.5.28 長野県八ヶ岳

2007.5.26 長野県霧ヶ峰 2007.5.26 長野県霧ヶ峰
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery