ジンヨウキスミレ

スミレ科 キスミレ属

大雪山系と札幌付近にのみ分布するが、大雪では湿った草地に普通にみられる。
高さ10センチほどだが20センチにはなる。ギザギザの腎形葉は特徴的で、他のすみれにはみられない。両面の脈上と縁に短毛がある。
花は中型〜小型で、側弁は下向き、唇弁には網目状の筋があり、距は短い。花柱に毛はなく、側弁の基部は毛があるものと無いものがある。



〜徒然想〜

多くは群生しているが、ときにひとりぼっちの可憐な姿もみせる。林の陰が住み心地いいのか、木陰の奥まで入り込んでいた。
花は、厚みがある感じで深い黄色、ときに白とのまだらのものがみられ、ちと醜い。いっそのこと、すべて白くなったものがあればいいと探しましたが、見つかりませんでした。
2007.7.10 北海道大雪(画像にポインターをおいて下さい)
2007.7.10 北海道大雪
2007.7.10 北海道大雪
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery