ルリトラノオ

ゴマノハグサ科 ルリトラノオ属



滋賀県伊吹山の固有種で、高さが1メートルほどになる多年草。葉は対生し、卵形又は広卵形、先は尖り、縁には鋸歯がある。
花は長い穂状になり、青紫色の花を多数つける。花期は7〜8月。



〜徒然想〜

鮮やかなルリ色を期待して遠出をしてきたのですが、あいにく終日薄いガスに覆われ、陽に映える色を撮ることはできませんでした。
また逆にピーカンは撮影には天敵で、そうではなかったことに感謝すべきだったかもしれません。

前日に降った雨でしょうか、それとも朝露でしょうか、花穂が水を含んでいます。これはこれで、いい風情です。

伊吹山のクガイソウはあまり花穂が長くならず、幅も太いです。色も濃いように思えました。そのため、ルリトラノオと間違えそうです。
花穂が複数出ることと、葉の付き方に注意すれば、見分けは容易です。


−同じ科の植物−

2009.8.7 滋賀県伊吹山
2009.8.7 滋賀県伊吹山
クガイソウ 2009.8.7 滋賀県伊吹山 
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery