ルリハコベ

サクラソウ科 ルリハコベ属

図鑑で下調べして、見たかった花が目の前にある。感激の対面です。濃いブルーと中央に葯の黄色、コントラストが美しい。
沖縄では、本州の(コ)ハコベと同様に、道端や空き地に当たり前に咲く。そんな花との出逢いに感激するのは大仰かもしれないが、きれいでした。
強い風の中で、這いつくばって何度もシャッターを押した。近くには、ごつい姿のシマアザミも風に大きくあおられていた。

畑地や空き地、路傍などに生える1年草で、茎は四角形で地を這い、分枝して斜上し、高さ10〜20センチになる。葉は無柄で卵形、先は短く尖り、無毛。裏面には黒点がある。
花は葉腋に1個ずつつき、花柄は細く2、3センチほど。花冠は5深裂し、直径1センチほど、るり色で花喉部が赤く、葯は黄色。
肺病、胆石、肝臓病の民間薬として利用される。
伊豆七島、紀伊半島、四国、九州、沖縄県に分布する。
2007.3.17 沖縄県(本島)
2007.3.17 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery