ノヂシャ

オミナエシ科 ノヂシャ属



地中海原産で、ヨーロッパではサラダなどに食用されている。日本では定着せずに各地で散発的に帰化している越年草。
茎は4稜で、二又状に数回分岐して、高さは40センチほどになる。葉は対生し、広披針形、上部の葉には粗い鋸歯がある。
茎頂に10〜20個ほどの筒型の花を付ける。花冠は淡青色で、先は5裂し、直径1.5ミリほど。花期は3〜6月。



〜徒然想〜

残念ながら帰化種でした。
いろいろ図鑑をめくりましたが名前が分からず、しばらく悔しい想いをしていました。
この花はなかなかきれいで、帰化種を疑っていても、そうであってほしくない願いで図鑑をみていたのです。最後に、帰化植物図鑑にこの名をみつけたときは、ああ、やはりと思ったものです。

決して帰化種を毛嫌いするわけではないことを付記しておきます。

2008.4.22 東京都狛江市
2008.4.22 東京都狛江市
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery