ナガバノモミジイチゴ

バラ科 キイチゴ属



山野の日当たりの良いところに生える落葉低木で、高さは2メートルほどになる。葉は互生し、長卵形で3〜5裂するが、切れ込みのないものもある。中裂片は長く、先は尖る。
花は下向きに付き、白色5弁花で直径3センチほど。花期は4〜5月。本州中部地方以西、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

モミジイチゴにも長葉があることを知り、注意して探し始めました。
気を付けると見つかるもので、道端に確かに長葉のモミジイチゴらしい葉がみられます。しかし、まだ時期が早いのか、ことごとく花は付けていません。こうなると、やたらと気になります。
花を付けたナガバノモミジイチゴ求める花散歩が続きます。


2008.5.7 愛媛県
2008.5.7 愛媛県