ミヤマタンポポ

キク科 タンポポ類



高山帯の草地などに生える多年草で、高さは10〜20センチ。葉は羽状に中裂〜深裂する。
頭花は径5センチほどで、総苞の外片の長さは内片の1/2〜1/3。花期は6〜8月。



〜徒然想〜

白馬岳のこんな場所にあればミヤマタンポポと決めつけて撮ります。見かけは平地のタンポポと違いません。しかし、場所が場所だけに、黄色が澄み渡り、葉も色濃くがっしりしているように見えてしまいます。ひいき目です。

確認は帰ってからすることにして、萼や葉を写し込みます。帰ってからシロウマタンポポがあることを知り、悔やみます。ミヤマアキリキリンソウやミヤマコウゾリナなどに混じりタンポポもあったような気がしますが、確認していません。事前の準備不足でした。


2008.8.11 長野県白馬岳(画像にポインターをおいて下さい)
2008.8.11 長野県白馬岳 2008.8.11 長野県白馬岳