ミヤマモジズリ/シロバナミヤマモジズリ

ラン科 ミヤマモジズリ属

2006.9.2 長野県八ヶ岳 シロバナ 2006.9.2 長野県八ヶ岳


深山〜亜高山帯の林内などに生える多年草で、高さは10〜20センチ。葉は根元に2枚付く。
花は紅紫色で、5〜20個がねじれた穂状花序につき、長さ6〜8ミリ。唇弁は3裂する。花期は8〜9月。北海道〜本州中部、四国に分布する。


〜徒然想〜

ここは八ヶ岳山麓の林道です。道脇には、点々と小さくても色鮮やかな花が現れます。もっと深山に咲き、なかなか出逢えないものと思っていたので、こんな所に咲くのかと、意外な面もちになりました。

その後の出逢いは多く、登山道口や別荘地の道端、果ては県道沿いの法面など、信州では比較的見る機会が多いことを知りました。最近では見慣れて次第に撮影することがなくなってきましたが、八ヶ岳山麓で夢中で撮影したことは、忘れられません。

シロバナミヤマモジズリを見る機会は多くはありませんが、遠方から来られた方を案内したときに見られた幸運がありました。

−同じ科の植物−

2006.9.2 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery