ミシマサイコ

セリ科 ミシマサイコ属

海岸や山野に生える多年草で、上部で枝を分け、高さ30〜70センチ。葉は線形〜長披針形。
枝先から複散形花序を出し、黄色の小さな花を付ける。花期は8〜10月。
根を乾燥したものは生薬で柴胡(さいこ)と呼び、鎮痛、解熱などの目的で用いられる。



〜徒然想〜

この花を撮りながら、北岳でみたホタルサイコを想った。強すぎるほどの陽射しの下で、金色に輝いていた。
目の前にあるミシマサイコは高さ30センチほど。登山道脇にポツリポツリと現れます。
その度にカメラを固定して撮るのですが、小さな花は風に揺れ、できは運任せです。それでも、撮影しているときはみえなかった種子が写っていました。
運は良かったようです。
2007.10.14 愛知県(画像にポインターをおいて下さい)
2007.10.14 愛知県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery