ミネカエデ

カエデ科 カエデ属



標高2000メートル付近の亜高山帯に生える落葉小高木で、高さは8〜10メートルほどになる。葉は、やや横に広く掌状に5ときに7裂し、さらに羽状に浅く切れ込む。
花は淡黄色で直径8〜10ミリほど、総状に5〜10個付ける。花期は6〜7月。翼果は2個の分果からなる。北海道、中部地方以北に分布する。



〜徒然想〜

至仏山の登山もそろそろ終点、木々のトンネルの道を下ります。
ミネカエデは、道に被さるように枝を伸ばしていました。小さな花で、肉眼ではその姿をはっきり認めることはできませんでしたが、撮った画像をみてびっくりです。
思いの外きれいな姿の花が写っていました。
こんなことなら、もっと丁寧に撮ればよかったと反省です。

楽しみをもって翌週再び訪れますが、すでに実になっていました。

2008.7.12 群馬県至仏山
2008.7.20 群馬県至仏山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery